四郎ヶ浜ビーチ

四郎ヶ浜ビーチ 心霊スポット

紅のプー太郎氏レポート
かなり昔(2~30年前)の、雑誌の心霊特集に
よく掲載されてた様な気がしますけど、
霊が出る様になった経緯を考えると、
心霊スポットとして取り扱うには個人的に
「?」な気がします。
四郎ヶ浜ビーチ1
1792年に長崎県島原市にある雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)が
噴火して、天草寄りに隣接してあった眉山(まゆやま)が、
地震や噴火の影響で有明海側に崩れ落ちました。
10mオーバーの津波が発生し、熊本県側で約5.000人の方々と、
長崎県側は戻ってきた津波や噴火の犠牲者で、
約1万人の方々が亡くなられてます。
たぶん潮流や海水の満ち引きの関係で、四郎ヶ浜ビーチ
一帯に数多くの犠牲になった方々(人数不明)が、
打ち上げられたそうです。
生き残った地元の方々が、「寄り人様」と呼んで
供養されている模様で、国道を作る際、
たくさんの人骨が出てきたそうです。
現在は4~500mの海水浴場(人工)が作ってあり、
向側には道の駅があって、国道沿いとゆう事もあり、
昼間は人気もあり、たいして怖くはないです。
画像は、よく橋とか観光地にある名称のプレート?
・・・・・らしいです。
四郎ヶ浜ビーチ2
元本渡市側から撮影しましたけど、まぁ~こんな感じで、
右側に写ってるトイレ付き食堂兼休憩所が、
向こう側の端っこに1つあります。
ドライブの休憩か20人近くの人達がいて、
暖かかったせいか膝まで浸かって、
海水の掛け合いをしてるアベックもいました。
四郎ヶ浜ビーチ3
少し沖側には、砂の流出を防ぐ為か捨て石が
敷き詰めてあり、フジツボは付いてませんでした。
有明海は、けっこうな数の川が流れ込んでいて、
若干塩分濃度が低めで、フジツボが付くかとうか?
ですけど、付いてた場合、満潮の時にヘタに足を擦ると、
傷だらけになりますねぇ?
四郎ヶ浜ビーチ4
熊本市側の堤防で、満潮は海草が生えてる
少し上辺りまで、海水が満ちてきます。
四郎ヶ浜ビーチ5
堤防から熊本市側を撮影しましたけど、
海水が引いてしまうと、
島原との間が狭めで潮流が早いから土砂は押し流され、
小さめな石か剥き出しの岩盤が続いてます。
四郎ヶ浜ビーチ6
元本渡・牛深市側も、こんな感じの似たようなものです。
四郎ヶ浜ビーチ7
すぐ傍を通る国道324号線で、普通車の通行料が
2~300円の有料道路を使う人が多くて、現在はガラガラ状態です。
まぁ走りやすいから、個人的には助かってますけども、
夜半近くになったら、元本渡市から先の釣り場所に、
釣り人の車がすっ飛ばして行くから、用心して下さい。
スピードを70キロ出しても遅い方で、後側にベタ付けされて
煽られる恐れがあり、早い車に追い付かれたら、
譲った方がいいです。
桜の花見と一緒で、場所取りは早い者勝ちとゆう事情も
ありますけど、さっさと追い抜いたらいいんですけどね。
四郎ヶ浜ビーチ8
対岸の島原市方面を撮影しましたけど、モヤっててダメかな?。
地蔵様か祠があるはず?と思って、周辺を小1時間程
探しましたけど見当たらず、時間の制約もあり断念しました。
見世物じゃないんで、これで良かったのかも知れません。
ただ、自然災害の犠牲になられた方々を、馬鹿にしたり
冒涜(ぼうとく)する様な真似は、慎んで下さいね。
今でも成仏出来ずに、さ迷い続けている霊が
居るみたいですし、一日でも早く生まれ代わってほしいです。
怖い話「四郎ヶ浜ビーチ

熊本県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました