トンカラリン

心霊スポット

トンカラリン
熊本県菊水町
——————————————————————
謎の隧道遺構
トンカラリン
菊水町瀬川の鶯原神社近くから始まるこの遺構は、全長445.6mでトンネル状の地隙や、
地下道のような石組み暗梁等が組み合わさった実に不思議な遺造物である。
昭和50年代に、作家の故松本清張が現地を調査して、
邪馬台国が記された「魏志倭人伝」(三世紀に書かれた中国の歴史書)の一節から、
「シャーマニズムに関係した鬼道ではないか」と推論したことで、全国的にその名が知られた。
しかし、その後の「排水路説」により、ブームは沈静化へ向かった。
再びトンカラリン論争が甦ったのは、県北部を襲った平成5年6月の集中豪雨以降である。
この時、県北の排水路が甚大な被害を受けたが、
トンカラリンには一切の損害が無く、それは大した水が流れなかった事を意味していた。
そこで農業土木の見地から。今一度、詳細な再調査が行われる事になった。
結果として排水路説には、余りにも矛盾が多いことが判明したのである。
(1)上部の台地面積が狭いので、流れ出す雨水量は少なく、
谷部に、大規模な排水路を造る必要がない。
雨水を取り込みやすいオープンカットの素掘り溝で十分である。
(2)今日、トンカラリンを築いた場合、工事費の積算額は、二億円近くにもなる。
これに見合うだけの経済効果を見い出せない。
(3)排水路は、できるだけ直線的な造りが望ましい。
しかし、トンカラリンは、実に数多くの湾曲箇所を伴って蛇行を繰り返している。
(4)石組の構築物に災害箇所(地隙)が取り込まれており不自然である。
排水路施設はこの様な造りをしない。
(5)地隙内に積まれた切り石や、石組み暗梁下部の変化点における
角部の整形など、排水路に不自然な飾り箇所がある。
面取りされた切り石は常に闇の中にあり、角部には削られて、
丸みを帯びている。この様に、トンカラリンは再び、我々に問題を投げかけるのです。
皆さんも、是非、この謎解きに挑戦して下さい。
菊水町
——————————————————————
トンカラリン2
階段
————————————————-
階段
石の階段七段がある。のぼりつめれば
70センチ四方のあまりの石の隧道となり人は這って通りぬけることができる
横穴式石室との類似を指摘する説もあるがよく判らない。
小さな土師器片が発見されたが今のところ出土品はない。
————————————————-
トンカラリン3
穴の奥にある階段。
トンカラリン4
さらに山の奥にあった隧道。
通り抜けできるようになっている。
トンカラリン5
穴は狭いが向こう側が見える。
トンカラリン6
天井を見ると蓋をしたように岩が敷き詰められている。
トンカラリン7
反対側。
トンカラリン8
さらにまた奥に大きな隧道があった。
トンカラリン9
こちらは縦には大きな穴だが横は非常に狭い。
確実に服が汚れそうだ・・・。
色々憶測を呼んでいるようですが、
現在では「シャーマンを中心とする隧道信仰の地」の説が有力なようです。
周辺の遺跡からシャーマンのものと思われる遺骨が発見されています。

熊本県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました