ホワイトハウス

ホワイトハウス 心霊スポット

新潟の心霊スポットと言えば…
やっぱりこのホワイトハウスでしょうか。
ホワイトハウス
森の中にぽつんとある白い建物。
これがホワイトハウスです。
自分も十数年前から聞いたことがあるスポットでした。
全国ネットのテレビ番組で放映されたことがありましたね。
全国各地にあるホワイトハウスという名前の心霊スポットの
元祖と言える存在でしょう。
ホワイトハウス2
夏場なのでどうも草が多くて…ズームして撮影。
蛸地獄…?落書きが意味不明ですね。
ホワイトハウス3
精神異常者の息子を二階で監禁して、
逃げ出した息子に一家が殺されてしまう…
そんな噂ですよね。
確かに二階の窓には格子がはまっています。
ホワイトハウス4
草をかきわけて目の前に。
そういえば昔閉鎖したサイトのホワイトハウスの
心霊写真があったような…
ホワイトハウス5
民家のようですね…やっぱり。
造りからいっても結構古いかと。
ホワイトハウス6
入り口をズーム。
ホワイトハウス7
最後にホワイトハウスの二階の窓をズーム。
確かに檻のようにも…見えなくもない。
でも二階で本当に監禁したなら窓全部にしないと
おかしいですね。
してない窓もありますし。
ただの防犯でつけた格子のように思います。
全国放送のテレビで映像が出た時は
行ってみたくて仕方ない心霊スポットでした。
新潟は豪雪のイメージなのでここ数年は
雪で潰されないかヒヤヒヤしておりました。


●山の中にある民家?の廃屋。
窓に檻が取り付けられ、昔、重い精神病患者だった息子を
ここに監禁していたという。
息子は部屋を抜けだし、一家を惨殺したという。
●新潟県のホワイトハウスですが、RC構造(鉄筋コンクリート)が
民家で一般的に使われるようになったのは70年代以降ですし、
正面アプローチ部分の煉瓦風の擬装も早くて70年代以降でしょう。
窓枠もそれ以前は鉄サッシです。
また、精神疾患を患う家族を自宅で軟禁・監禁(座敷牢)する行為は、
戦前・戦中の裕福な家庭ではそれなりに一般的でした。
それは日本人の恥の文化が主因ですが、当時は欧米諸国と比べて
精神病院が少なく、また、ほとんどすべてが民間病院だったことも
一因です。(松沢病院は例外的に東京府立ですが)
ですが、戦後はGHQの意向で精神衛生法(現:精神保健法)が
整備され、また、1958年に国民皆保険制度も始まりました。
また、家族から見放された患者でも生活保護を受給させれば
医療費は全額公費負担で取りっぱぐれがなく、
看護婦・看護人(当時の精神病院における男性看護師の呼称)も
他科に比べ少数でよかった(現在は同数)などの経営上の理由で、
精神病院は乱立しました。
したがって、内容を問わなければ、病床数には余裕がありました。
もちろん、戦前・戦中とは意識の違いも大きく、世の中、
富裕層ばかりでもありませんから、家族を監禁していた可能性は
低いでしょう。
なお、RCの建造物が雪で倒壊することはマレです。
RCが倒壊したように見えても、実は木造モルタルでしょう。
ご参考までに。
怖い話「ホワイトハウス

新潟県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました