鬼のミイラ

心霊スポット

鬼のミイラ1
十宝山大乗院
ご住職がご逝去された為、親族・信者の方で管理されています。
鬼のミイラ2
指は三本、頭にはツノがあります。 また、九州大学がこの骨について調べた所、女性の骨であるらしいと鑑定されたようです。
————————————————
この寺に安置されている鬼のミイラは、ある名家に代々家宝として伝わったもので、
ある時、やむ得ぬ理由で手放された。
その後さまざまな人の手を経た後、大正14年大乗院の檀家が
購入(当時の価格で5、500円)したが、原因不明の病に倒れた。
鬼の祟りと考え大乗院にミイラを安置してもらうことになった。
その後病が治ったと言われている。昭和4、5年頃のことであった。
現在鬼のミイラは仏様として大切に祀られています。
くれぐれもお参りする気持ちで見学してください。
きっと皆様をお守りくださいます。
———————————————-
鬼のミイラ3
二度目。
そういえば数珠がなくなっている。
鬼のミイラ4
顔:体に比べ、非常に大きい。頭には二本の角がある。
鬼のミイラ5
腕:中央で組まれ、体は後ろの棒によって固定されている。
鬼のミイラ6
足:針金(というより銅線か?)が足に張り巡らされている。
地元では「お主様」と呼ばれ、信仰の対象となっている。
現在撮影禁止になったが(2001年確認)
理由は撮影後、よくない事が起こって写真を送り返してくる方がいるからだそうである。
近年ボヤがあって鬼のミイラの一般公開はなくなったそうです。

大分県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました