築山御前の墓

心霊スポット

築山御前の墓1
徳川家康の正室、築山御前の廟堂・月窟廟がある
西来院
築山御前の墓2
築山御前
静岡市が出身地であったから「お瀬名の方」と
呼ばれた。父は今川一族で重臣の
関口刑部少輔親永。母は今川義元の妹である。
岡崎の松平元信(後の徳川家康)が今川人質時代に
結婚。長男信康、長女亀姫を生んだ。
家康は名実共に岡崎城主になるや、
城内の築山御殿に居住したので「築山御前」と呼ばれた。
同盟関係にあった織田信長と徳川家康両者間における
政治的駆引と、岡崎城内における派閥抗争など、
複雑に交錯する政治的、人間関係的関係のひずみのなかで、
遂に夫である家康により殺害されていった。力において
優れていた信長の命令とはいえ、三河の為、徳川家康安泰の
ために屈服せざるを得なかった家康の苦悩もさることながら、
あまつさえ身に覚えなき「謀反人」の汚名を着せられて、
一人淋しく浜松のの野に散華した午前の姿を想うとき、
いかに戦国乱世とはいえ、余りの痛ましき、果かなきに
涙を禁じ得ないものがある。
時に天正7年8月29日(西暦1579年9月29日)御前38歳。
家康これを哀れみ
いおう禅師に命じて懇ろにこの地に葬らしめた。
法名は 清池院殿潭月秋天大禅定法尼
築山御前の墓3
築山御前 月窟廟
築山御前の墓4
築山御前、斬られる時に祟ってやるという言葉を
言ったとも伝えられている。


静岡県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました