不思議な人形と女

怖い話

不思議な人形と女

投稿者:裕之様の野望さん

私の家には一体の人形が飾られていました。

その人形一体,いつから家にあるのか覚えていませんが
このお話はこの人形に関するものです。

その人形は着物を着た少女の姿の割れ物で出来た人形です。

私は、当時まだ幼く,その人形の事などまったく大事にしようともせず、

いつも人形の頭をたたいたりして悪さをしていました。

それから,数日後の事、
いつものように人形をたたいたりしていると
人形の顔が穏やかでかわいらしく微笑んでいる少女の顔から
一変して目がつりあがり口元が歪んだ恐ろしい表情へと変わっていきました。
一体何が起こったのか、まったくわからず
混乱に陥ってしまい姉のところまでその人形をもって、

今起こったことをすべて話にいきました。

すると姉は

「人形に悪さしたりするから、こんな事が起こるんだよ。
こういうお人形には魂が宿っているんだから
悪さしたりすると人形が怒るんだよ。」
と、私をなだめて人形の頭をなでながら
私のしたことを人形にわびました。
すると先ほどの恐ろしい表情から
また穏やかな人形の表情へと変わっていきました。
わたしはそれを見て怖いというより
不思議なものだなぁと思っていました。
それから数日後、私はその人形が気味悪くなり
玄関に投げ捨てて壊してしまいました。

それから数週間後のことです。
その日は真夏の暑い日で非常に暑く寝苦しく
何気なく目をあけて部屋から廊下をのぞいてみると

着物を着た女性が立っていました。

その女性は私の方へ手を伸ばしていたようで、

私が目をあけたと同時に手を着物のすその中に引っ込めました。
私は最初,その女性が母親か姉かと思いましたが,
夜中に起きて着物を着るとは思えないし、

ましてや家にはこんな着物はないはずだと思いました。
じゃあ、その女性は誰だろうとその顔を下から見上げましたが、
わからないのです。
いや、わからないというより顔が真っ白で
まるでのっぺら坊のようなのです。

その女性の姿は十数年経った今でもよく覚えています。
着物は赤い着物で,髪型は昔の時代劇に出てくるような
女性の髪型で肌は真っ白なのです。

そして眼や唇がないのです(実際にはあると思うのですが・・・)

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました