おじいちゃん

怖い話

おじいちゃん

投稿者:ゆりっぺさん

ハッキリ言って私は全く霊感がない!!!
と自分では思っています。

しかも異常なほどの怖がりです!!
小・中学生時代は修学旅行とかで旅館とか
富士五湖とか樹海とかいったりして、
何かイヤな感じに襲われたりっていうことはあっても、
それが霊感とか思ってません!!
今だって時々、ここイヤって思ったりするけど、
私だけの勘違いって思いつつ、我慢してます。

私には霊感がないのです!!
だって見たことないもん。って思ってて、
この前話した子供の声を聞いて、かなりびびったもんです。

高校を卒業したあたりからです。

しょっちゅうのように金縛りに合うようになりました。
しかも、どこででも・・・
部屋で、あっここってイヤだなって感じたところで寝ちゃうと、

かならず金縛りでした。 昼間でも何でもでした。
それを私は疲れてるって思ってたんです。
もちろん、疲れてるときもあったんです。

ほとんどかもしれないけど・・・
不思議な体験はしばらく後に起きました。
去年の夏。私はその頃、夜バイトをしてるだけで、

昼間は家にいておばあちゃんと一緒にいつも昼寝状態でした。

お盆がちがづいてきて、そろそろお盆の用意ってことになって、

昼間暇人の私とおばあちゃんとせっせと仏壇を飾りました。

和紙のようなものをかざったり、わらで縄をゆったり。
うちのほうではそうするんですけど。
迎え盆になると、誰かがお寺へ行って、

お線香や蚊取り線香などに火をつけて

(本当は提灯にろうそくを立ててもっていき、

お寺で火をつけて先祖を連れて帰ってくるというのが正しいらしいけど。)

先祖を連れて帰ってきます。

昼間が暇人の私とおばあちゃん、

当たり前のように迎え盆でお寺に行ってとおかあちゃんに言われましたが、

無論私はいけません!!
だってだって、怖いし・・・・ 絶対お墓に行くとなんか
人ならぬ人の気配を感じてしまって。。。

おかあちゃんには断りました。

そしたらじゃぁ私が帰ったら行くって言ってたんです。 でも迎え盆の日、おかあちゃんもおとうちゃんも帰りが遅くて、
迎えに行ってあげれなかったんです。

たいがい、お昼すぎには迎え盆に行きます。

でも全然でした。
私も行くことが出来ず、 とりあえず、おじいちゃんの仏壇に
線香をあげて、「おかえり」って感じでした。

そして案の定いつものお昼寝をしてしまいました。

お昼寝といっても夕方近くでしたから夕寝ですかね?

おばあちゃんも近所のおばちゃんちに線香上げに行って一人でした。

私がウトウトしだすと、ギュンッと金縛りになりました・・・・
私はアチャァ~~~~~~って思いつつ、
いつもどおりそのうちとけるだろって思ってました。

すると・・・誰かが私の顔を覗き込みます・・・・
わかります?眠りが浅かったり、
ただ目をつぶってるときって、気配を感じません?

それっす・・・その時はもう、怖くて怖くて・・・・

最初はだれかどろぼう?!とか思ったんですけど、

泥棒で金縛りに合わせるやつっていないですよね・・・

もう、どんどん怖くなって行っちゃって、心の中でごめんごめんって叫んでました。
そしたら、腕をつかむんです。

オワァーーーー!!

って感じ。
・・・ もう絶対目は開けないって思って、
何がなんだかわからない状態に・・・・

するとつかんでる腕が肩へ・・・・そして、起こすんです・・・・
親が子供を起こす時のようにゆすぶるんです・・・・
怖い怖い怖い怖い・・・・・
今目を開けたら絶対に見えちゃう…
怖い怖い怖い・・・・

そんな気持ちでいっぱいいっぱいでした。

すると、耳元で何かを言いました。 でも聞き取れない・・・・
なになに?って思ってるうちに金縛りはフッっと解けました。

金縛りが解けた後はもう半泣き。
誰かが本当は居たんだ!!って思いたくて、
家中を探しましたが、誰もいなくてただ、
おじいちゃんの仏壇にこうこうとろうそくがついてるだけでした。

怖くて家の中に居れずに庭にいた犬とずっと居ました。

しばらくして近所に行っていたおばあちゃんが帰ってきました。
一部始終を話すと、きっとおじいちゃんは
ありがとうって言いたかったんじゃないかって言ってました。
誰も迎え盆に来てくれなくて寂しかったけど、
私がお線香をあげたり、仏壇を飾ったり、お帰りって言ってくれて、
ありがとうって言いたかったんだって。

その話を聞いて、少し落ち着いた私です。

だって、つかまれた腕の感触は男の人。

しかも 若いって感じの感触でなかったから。
でもだったらもっと他のやり方をして欲しかったと思ったのも事実です。

おばあちゃんはどうして私にはそういう風に出てきて、
おばあちゃんのところにはでてこないのか悔しがってました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました