ひめゆりの搭

怖い話

ひめゆりの搭

投稿者:いちごちゃんさん

皆さんご存知のとおり、「ひめゆりの塔」って
悲しい歴史の舞台となったところですよね。
私と二人で旅行したとき、夕方にそこを訪れました。
もう誰もいなくて入り口で供花を売ってるおばちゃんしかいませんでした。
ちょっと怖かったのですが、お花を買ってお参りをしました。
それから次の日には福岡の帰ってきたのですが、
帰りの飛行機の中でもYちゃんがずーっと具合が悪いと言うのです。
疲れたんやろうね、と話をしながら
その日は私の家にYちゃんは泊まりました。
翌日、昼過ぎに私は起きましたが、Yちゃんは起きてきません。
私がトイレに入っているときです。
「どーん!」
とものすごい音がしたので慌ててドアを開けると
Yちゃんが寝室からはって出てきたのです。
「どうしたん!?」と聞くと、
「今、私の上に誰かが乗っかってきたー、
足元から這い上がってくるみたいに・・・」

と言って起き上がれないのです。
「夢やろ?」と言うと、
「その人の眉毛まで見えた、布団のへりを
つかんで這い上がってきたとー」
と泣き出してしまいました。
びっくりして私が昔バイトをしてた
神社の宮司さんにその話をすると、連れて来なさいと言われ、
相談に乗ってもらいました。
宮司さんに、「あんたたち最近旅行かなんか行ったね?」と言われ、
沖縄旅行の話をすると、おそらく、
例のひめゆりの塔から連れ帰った霊だろうとのことでした。
今はYちゃんも元気に過ごしていますが、あそこは何度行っても怖くて、
洞窟の中までのぞくことができません。
とは言うものの、今年の11月、
また行くんですけどね、沖縄に。

次へ   メイン
タイトルとURLをコピーしました