A荘

怖い話

A荘

投稿者:飛鳥さん


昨年、夜中の2時頃に、先輩達2人と、
彼氏と一緒に鹿児島にある、

廃墟と化したホテル、A荘に 行ってきました。

そこは少し山の中に入った所にあって、入ると不法侵入になるんですが、

入り口の柵の鍵を切断し、車で進んでいきました。

しばらく行くと、目の前に不気味にそびえる建物が見えてきました。

入り口の扉は壊され、車のライトで中を照らすとひどくガラス片等散乱していて、

玄関の奥に赤い階段が見えました。

みんな怖くて外へは出なかったんですが、先輩の一人は、
今までに何度も来た事があるらしく
(その女性にだけ霊感があるんです。)

非常階段には行かない方が良いと言っていました。

そんな廃墟と化した所に、管理人がいるんです。

近くにある民家のようなものがそれです。

だから、騒がず、静かに見ました。

見つかると、警察に通報されるからです。

噂では、入り口の柵の近くにセンサーがあるらしいと聞いていたので、

幽霊よりも警察が怖くて(笑)早めにそこを あとにしました。

でも、最後に、これはあたししか聞いた人はいなかったんですが、

柵の所を通り過ぎるとき、行きも帰りも女の人か男の人か分からない
「おぉ~~~~」

と言う恐ろしい声がしたんです。

その声が聞こえる間中、鳥肌が立っていました。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました