傘をさした女

怖い話

傘をさした女

投稿者:しゅういち号さん

まだ、私が自衛隊に勤めていた頃の話です。

教官が自分のレンジャー訓練の時の話をしてくれたんです。

教官は、2人一組になって深夜の演習場を偵察のために歩いていたそうです。

その夜は、雨が降っていて寒かったのだそうです。

演習場の中の細い山道を2人は周囲を警戒しながら歩いていました。

前方から雨の中を歩いてくる人影が見えたのだそうです。

2人は、とっさに草むらに身を隠しました。

敵に見つかってはいけないからです。

2人は、草むらの中でじっと息を潜めて道路を見つめていました。

だんだんと、人影が近づいてきました。

しかし、同じように訓練をしている敵役の人間でないことがわかりました。

なぜなら、その人は傘をさしていたからです。
草むらの中の2人は、不思議に思いましたが
そのままじっと息を潜めてやり過ごそうと思っていました。

近づいてくる人影がだんだんはっきりとしてきたました。

その傘をさした人影は、髪の長い女性だったそうです。

2人は、草むらの中で顔を見合わせてふるえていたそうです。

富士の演習場です。

こんな夜中に、女性が一人で歩いているわけがありません。

2人は草むらから出ると、後ろを振り返ることができなかったそうです。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました