幼い記憶

怖い話

幼い記憶

投稿者:シチズンさん


この出来事は僕が3才位だったと思います。
今でもハッキリ覚えているのですが、家族で和歌山県の
知り合いの旅館に泊りに行った時の事です。

大阪から約3時間弱の所にその旅館はあります。

話しを本題に戻します。
その旅館は山の上に建っていて、当時駐車場が満車で山の入り口

(旅館まで歩いてほんの2~3分の所)

に車を止めオトン&オカン&幼い僕が旅館目指し曲がりくねった道を歩いていた時、

木の柵で入れない様になっている道を発見しそちら側をジッと見ていると、
低い男の声で「コッチニ来いー、、、、、コッチニおいでー」と

耳から頭から聞こえてきました。

そして言われるがままに柵の方に向かって行きました。
驚いた親が「おい!シチズン!!!何処に行くねん!」と
血相を変えやってきました。

オカン「お前何処にいくねん」

僕「あんな~あんな~、あの道からな~おいで~って声聞こえてん」

もしこのまま柵をくぐっていたらどうなっていたのでしょうか、、。
今でもその道は存在しています。
かなり舗装されて綺麗になっていますが、、。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました