長崎で

怖い話

長崎で

投稿者:ゴチョーあすかさん

これは、2年前、親父の社員旅行で長崎に行ったときに体験した話です。

その日学校を早退して羽田から長崎に行きました。

長崎に着いたときには夜で私たちは急いで市内のホテルに向かいました。
そのホテルに着いた時からなんかおかしい・・・

と思いながら部屋に入ったら、
心霊スポット特有の吸い込まれそうな空気が立ち込めていて、
何かおかしい物がないかと、

部屋中探して見たらベットの近くに掛けられた絵の裏に御札があって、

「やだなぁ・・・・」と思いながら御札の横のベットで寝ることになりました。
そして2:30頃トイレに行こうとトイレのドアを開けたら
目の前には湖が広がっていました。
その湖の中に吸い寄せられるように入っていった私は、
湖の中心から女の人がこっちを睨んで、

こっちに向かってくるのを見たので湖からドアに逃げようと必死に走りました。

でも、ドアまであと10mぐらいまでのところで女の人が私に追いつき、

私の足がグチャグチャした感触の女の人の手に掴まれてしまいました。
その時、女の人の顔を見て思わず足が女の人の顔を蹴り
ドアに走り出しました、

女の人の顔が焼け爛れていたからです。

ドアから出た私は、ベットの中に潜り込みました。
翌朝、あれは夢だったんだと、思い起きようとしたら
片足に女の人のグチャグチャとした感触と痛みを感じました。
まさかと思い足を見てみるとまだ湿り気のある
髪の毛と手の形をしたアザがあったので、

私は髪の毛をゴミ箱に捨て急いでホテルを出る準備をしました。
14年間の人生で一番怖い体験をした長崎には
もう出来る限り行きたくないです。


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました