廃墟の明かり

怖い話

廃墟の明かり

投稿者:紅のプー太郎さん


盆休みが終わって、暫くした頃、2人で
長崎県の端島(通称・軍艦島)へ、夜釣りに出かけました。

釣りが出来る場所が9ヶ所程あり、
石炭の積み出し桟橋跡だったらしい「丸(通称)」とゆう、
3~40mほど島から離れてる場所で、釣りを始めました。
着いた時から、なんか大勢の人達から見られる視線を
感じてましたけど、相方が極度の怖がりなもんで、
黙ってたんですね。
釣りの方は、飽きない程度にボチボチ魚が釣れて、
夜半近くになったら、仮眠をとる事にして寝袋に潜り込みました。
ウトウトしてると、祭ばやしみたいな太鼓と笛の音が、
微かに聞こえだして、ガヤガヤと大勢の人達が
会話してる声も聞こえてました。
寝ぼけ頭で考えても、上陸ツアーは宿泊禁止のはずで、
「おかしいな?」と思いつつ、島の方を見てみたんですよ。
すると、北側の方がボンヤリと光っており、なんか楽しそうな声と、
廃墟になってるアパートらしい部屋の、
半分近くに明かりが点いてるんですね。
あんまり月明かりが無かったし、多少乱視気味だから、
よく見えませんでしたけど、建物の外壁も綺麗めに見えて、
硝子が全部割れてるはずの窓にも、
ちゃんと硝子がある様に見えました。
翌朝、相方が大アクビをしながら
「なんか騒がしかったけど、近くの島で祭でもやってたのかねぇ?」
と、呑気にノタまってましたけどね。
内心「夜中くんだりに祭なんかやるかい!!」と突っ込みつつ、
怖がりなんで適当にゴマかしておきましたけど、
亡くなられた方々が今でも集まって、
何かしらやっているんでしょうね。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました