セピア色の景色

怖い話

セピア色の景色

投稿者:源さん


今年の七月中頃の事です。

大学はテスト週間で、いつもより早く帰る事が出来ました。

伸びをしながら駐輪場へ向かい、バイクに乗り帰途につきました。

途中、ふととある路地に目が行きました。
「こんな道あったっけ?、ちょっと寄り道してみるか・・」
そう思い、路地に入っていきました。
石垣と垣根に挟まれた狭い道で、まるで幼い頃に走り回った
路地を思い浮かべるような場所でした。
どれくらい走ったでしょうか、まったく先が見えてこないのです。
ずっと石垣と垣根に挟まれた道でした。

「おかしいな・・・かなり走ってるが・・」と思っていると。
突如、目の前に何人もの子供が現れました。
驚き、ブレーキをかけると。

子供は自分を見て「わあーーーっ」と逃げて行きました。
「なんだあ、あのガキは、今ごろチャンバラして遊んでるなんて、
古いねえ~」と思いつつ、発車。

しばらくすると、また子供が・・・今度はママゴトをしているのです。

クラクションを鳴らすと避けてくれたので、今度は止まらずに通過・・
「今度はママゴトか~珍しい事だ」と思いつつも
走っていましたが、出口は見えません。
「変だ、どうもおかしい。」
そんな考えが頭から離れなくなりました。
また、人に出会いました。
今度は洗濯をしてるオバさんでした。

バイクを止めて道を尋ねようとした時です。
オバさんから話し掛けてきました、
「ちょと、お兄ちゃん。こんな路地にバイクで入ったら危ないじゃないか。」

自分「はあ、ごめんなさい。つい見なれない道を見掛けたもので・・・」
オバさん「そうかい、まあ構やしないけど、子
供に気をつけておくれよ。この先を右に曲がりな、

そうすれば国道にでるから。」

オバさんは、そう行って家に入っていきました。

再び走りだし、T字路にさしかかり、右折すると国道に戻れました。

その後は無事帰宅。

しかし、思い返してみれば妙なのです。

遊んでいた子供の服装・・・・まるで昭和3、40年代の服でした。

洗濯をしていたオバさんの服装も、洗濯機も、現代の物とは思えません。

次の日・・・学校帰りに昨日の路地のあった所に行きました。

しかし、そこに路地は無く、ただの民家でした。

不思議な空間でした。


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました