七ッ釜の岩場にて

怖い話

七ッ釜の岩場にて

投稿者:紅のプー太郎さん


磯釣りって言って、歩いて行けない岩場や無人島に、
渡船(とせん、渡し船のこと)で渡って、
メジナや真鯛・黒鯛・青物を釣ります。
七ッ釜のレポートを送ったあと、Dとゆう
釣り仲間の話を思い出したんで、投稿しますね。
画像にも写ってますけど、高さとか色々な条件で、
ちょうどいい具合に平たい岩場が、沖に向かってセリ出していて、
外海なんで大きめな魚が釣れるんですよ。
それで、いちばん魚の食い気かいいのは、
夜明け後1時間くらいと日の入り6~30分前なんですね。
まだ暗いうちから七ッ釜の岩場に行って、準備をしたあと、
明るくなるのを待っていたそうです。
ほのかに明るくなるまでの間、ライトを消して待ってると、
背後の崖下辺りから配合「グチャ!!」とか「ベチャ!!」とか
大きめな物が落ちてきた音が聞こえて、たまに
「ウ~~~ッ」とか唸り声が聞こえてきたそうです。

振り返ってライトで照らしても、誰も居るはずもなく、
相方に聞いても「気のせいか錯覚だろ?」と言われる始末です。
本人は気づいてないみたいですが、霊的な何かを
感じる事が出来るみたいで、死亡事故があった場所を
通りかかると「誰か死んでねぇか?」とか言い出して、
知らなくとも調べてみると、交通事故で亡くなった方が居たりします。
自殺の名所とは知らなかったみたいで、
俺から言われて知った次第ですが、自分が死んでる事に
気づかずに、何回も投身自殺を繰り返しているのでしょうか?

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました