もう少しだったのに

怖い話

もう少しだったのに

投稿者:H・Mさん


あれは中学3年の時です。
あの時の私は受験勉強やいじめにより
ノイローゼ気味になってました。
その時の私は本気で自殺を考え、
首を吊ろうと自分の部屋にロープを持ってきたんですが、

親に見つかり説教されてその場はそれで終わりました。
その夜に私が寝ている時に
私の足のあたりに黒いもやみたいなのが漂っていて、

そのあたりから男とも女とも言えない声で
「もう少しだったのに・・・」

といってました。

その時は寝ぼけているなと思いそのまま寝たのですが、
次の日からその黒いもやが段々と
私の顔に向かって近づいてくるのです。
それも決まって「もう少しだったのに」と言い、
そのまま消えていくのです。
そんな事が続いたある日の晩、その黒いもやが
私の胸の上をドンドンと叩くようにしていました。

その時は息苦しく危うく窒息するくらい苦しかったです。

そして私の耳のあたりに移動してきて
「もう少しだったんだよ。
どうして来なかった?」

と残念そうに言いその黒いもやはどこかに消えていきました。
あの日の出来事以来私は高校も無事に合格し、
いじめも無くなりと人生が良い方向へと向いてきました。

あれはいったい何だったのでしょうかね?
私を殺そうとしたんでしょうか?

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました