幽霊の掛け軸

心霊スポット

幽霊の掛け軸 永福寺
山口県下関市観音崎町
臨済宗南禅寺派 永福寺
観音祭と合わせて行われる掛け軸のご開帳。
たくさんの人が来ていた。
幽霊の掛け軸 永福寺2
本来ならば観音祭。
幽霊の掛け軸 永福寺3
こちらで掛け軸のご開帳が行われている。
地元テレビ局も来ていた。
幽霊の掛け軸 永福寺4
奥にあるのが幽霊の掛け軸。
————–
十七夜 幽霊祭 由来
今より約300年前、当時31世玉雲和尚の時、門前に、
一海産問屋があり、その一人娘が非常に孝行者であったが、
結核の病で、永らく床についていた。
父母は前世の因縁が悪かったのか夫婦の仲が悪く、
いつも争いごとが絶えなかった。
娘は之を気にしつつ遂に死亡した。
しかし自分の亡きあと、父母はどうなることかと、
その行く末を案じて娘は成仏することが出来ず、
一夜玉雲和尚の枕辺に、その亡霊の姿を現し
「どうか和尚さまによって、父母が円満にに世を送れますように、
どうぞ言い聞かせて下さい」と、
さめざめと泣いて訴えた。
これを聞いた和尚は、娘の孝心に深く感じ、夫婦を説く証拠にと、
暫く亡霊を留めおき筆墨にて託してこれを描写して、
この画を示して父母を説いたところ、さすがに因縁の悪い両人も娘の孝心に感激して
以後仲睦じく世を終えたと伝えられ、
この娘の、孝心を世の手本とするため、奇しくも娘の命日が、
十七夜観音の縁日であるので、この亡霊は観世音菩薩の化身として讃えられ
この夜、参詣の方々へ特に展覧するのであります。
————–
幽霊の掛け軸 永福寺5
三百年続く幽霊の掛け軸。
幽霊の掛け軸 永福寺6
ご開帳は毎年7月17日18時~21時まで

山口県心霊スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました