田原坂

怖い話

田原坂

投稿者:ひろくん@熊本さん

熊本県は植木に田原坂という場所があります。 西南の役で、官軍と薩摩軍が戦った、
もっとも戦況の激しい場所です。
夜に行くと、馬に乗った兵隊に脅かされる、
カーステレオから大勢の蹄の音がする、

刀を抜いた兵隊が襲ってくる、 等の話があります。
私が行ったときの感想なんですが、
丘の上に田原坂公園があります。

ここは供養塔もあり、かなり清められている場所で、噂よりも安全です。 ただ、心ない行為をすれば、当然起こられます。
(これが霊体験と言われるものになると思っています)
写真を数枚撮りましたが、その中で、
木々の上に紋付き袴に腰に刀を差している霊がいました。

でも、木の葉が偶然そのような形になったと言われればそれまでなのですが。
誰もいないはずなのに、
ものすごい数のひとの気配がします。
田原坂の横を通る道を走っていたときのこと、
チンッ、チンッ、と金属のぶつかる音がします。
あれっ?と思って丘(田原坂)を見ると、
無数の白い影が浮かんでいます。

まだ戦っているんでしょうね。
また、田原坂のふもとに官軍墓地と薩摩軍墓地があります。
噂では、薩摩軍墓地は夜に行くと
マジでやばいって聞いてましたので、官軍墓地に行きました。

たいてい、このような場所には見張りなり門番なりがいます。
駐車場に車を止めていると、馬にまたがった兵隊がいました。

同乗者には見えません。

「ほら、足音が聞こえるだろ?」
というと同乗者にも、風で枯葉が揺れる音の合間に、
馬のひずめの音が聞こえます。

私が見た感じですが、この先に行くことをあまり快くは思ってないようです。

何かあるとイヤなので帰りました。

お昼ですが、田原坂に行く途中で何をどうしたのか、道に迷いました。
薩摩軍墓地の裏手の方の細い道を走っていたときのことです。

竹藪からものすごい視線を感じます。
どうも見てはいけないもののようです。 でも、怖いもの見たさでしょうか、ちらっと見ました。
そこには、まだ成仏されてないと思われる顔や
頭から血を流した無数の首が浮いています。
驚きました。
下の方を見ると、無縁仏のためと思われる墓石が転がっています。

たぶん、西南の役では、戦場となった場所の農民が
かなり犠牲になっているのでしょう。

官軍・薩摩軍共に慰霊塔があり供養されていますが、

犠牲になった農民はそのまま無縁仏となっているようです。

いまでも成仏していないのでしょう、かなり恐ろしい形相でした。

薩摩軍墓地に行ってきたのですが、ちょっとした丘になってまして、
その上に慰霊碑が立ってました。
どうもヤバいのは、薩摩軍墓地ではなく官軍墓地だそうです。

友達(「S病院跡に出てくるS君とK君)から聞いたのですが、

彼らも深夜に官軍墓地に行ったそうです。

駐車場に車を止めて、左側に雑木林のある下り坂になった遊歩道を歩いていくと、

ちょっと先に墓地があります。

S君は墓地の手前で胸が押さえられるような、妙な胸騒ぎがして、

ここから先には行けない、と思ったそうです。
そこで正直に「俺はここから先には行けない。」と言って、
それでみんな帰ったそうです。

帰った後で

K君「どうした?」
S君「ここから先に行ったらヤバいと思った。
何があったんだ?」

K君「俺は平気だったんだけど、おまえはだめだったんだな。
墓地にはいろいろと いたよ。
それよりもお前が立ち止まった横の雑木林なんだけど、

西南戦争で巻き添えをくらった地元の農民たちの霊がいてな、
べつに脅かすでもなく
『なんでこんな時間に来てるんだ?』
という好奇心の目で俺らを見てたよ。」

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました