散歩

怖い話

散歩

投稿者:ねこまたさん

「中学校の時、先生から聞いた話」
先生が学生だった頃、友達3人と貸別荘に
泊まりに行ったそうです。(場所は確か日光だったかなあ)
夜になって退屈になり、ちょっと散歩でもしに行こう、
と先生と友達2人が外にでました。

もう1人は「テレビ見てる」と、別荘に残りました。 別荘のまわりをぐるりとまわるように砂利道があって、
(2,30分でまわれるくらい)

その道を3人で歩いたそうです。
辺りには外灯も なくて危ないので3人は手をつないで歩いていました。

(全員男性、 その方がこわいかもしれないが・・・)
半分くらいきた所で、後ろから誰か走ってくる足音がしたので
「ああ、あいつ1人でつまんなくて追っかけてきたのか」

と3人は もう一人と手をつなぎ歩いていきました。

ちょうどその頃、雨が降り始めていました。
4人はあまりしゃべる こともなく雨の中を進み、
自分達の別荘の明かりが見える所まで来ました。
雨に濡れていたこともあってか誰からともなく、
つないでいた手を「ぱっ」と離し、

別荘の中に駆け込んで行きました。

中に入ると、残ってテレビを見てた友人がくつろいでテレビを見ているのです。

「おかえり」

「あれ、おまえあとから追いかけてきたよねえ?」

「いいや、ずっとテレビ見てたよ」
確かに、彼は雨に濡れたあとがなく、
いたずらにしても着替えたなら早すぎる・・・・
一体だれなのか?

確かにいたのに・・だって両手をつないでた人は
3人の中で2人いたんだって・・・

(ちなみに先生は片手しかつないでなかったそうだ)
おばけと手つないで歩いてたんだ・・どっちか・・

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました