ぶらさがるおんな

怖い話

ぶらさがるおんな

投稿者:たれぱんだラブさん

これは、私が8歳の時の事、夜の8時半位に寝ようとした時です。

なにかの気配がして、階段の方を見ました。
白い着物を着て顔をニターとにやつかせた、

女の人がこっちを睨んでいました。

私は、金縛りにあったように固まってしまいました。

声も出ないで、ただ震えていました。

すると、女の人はスーっときえていきました。
10分後に、またあの女の人が今
度はぶら下がってこっちを寂しそうに見ていました。

必死に何かを言っていました。

「・・・私は・・殺されまし・・たす…て・・」

と聞こえてきました。

その女の人はボロボロの服を着ていました。

もしかしたら、戦争で死んだ女の人で、手が吹っ飛んだのかもしれません。

成仏してほしいですね・・・。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました