足音…

怖い話

足音…

投稿者:屋敷サカエさん


ある夜の話です。

いつもの様に会社で残業!時計は11時少し前…

帰り支度をして車へ。会社から駐車場まで徒歩3分。

玄関を出た時「サッサッサッサッ」後ろから足音が!

でも人の気配がしない!約10m後をゆっくり付いて来ている。
角を曲がり砂利の駐車場へ。

「ザッザッザッザッ」音が変わる!

あと数十m!という時、前方からも同じような足音が!

…前のは少し遠い!これなら間に合う!

御身刀は机の引出し!唯一、車にお守りが入っているのみ

…油断した!完全に無防備!

歩く速さを少し上げ残り数m!しかし、今度は左と右からも。

…囲まれた!やばい!

音はするが肉眼では見えない。多分後ろの奴も…

前と左右の足音に比べ、後ろの奴は重い音。

「カチャカチャ」と、金属が擦れる音も聞き取れる。

その時、駐車場の脇をおばちゃん達が喋りながら通過。

…お願いだから、あっちに憑いてって!
足がすくんで止っていると、足音がしない。
…憑いてった?

試しに、一歩進むと周りから「ザッ」とそれぞれ一歩進む足音が!

…おちょくってるのか?あと七歩でドアに手が掛かるのに~

そこで、大きく深呼吸をしてダッシュ!

一気に車の中に突入!!…キーレスで助かった~

お守りを握りしめ、改めて車外を見回したが誰も居ません。

不意に「ガン!」と助手席側のドアを、硬いモノで叩く音が一発!

…てめ~大事な愛車を~

それから1時間ほど、駐車場に留まり様子を見て帰宅しました。

翌日、車を点検したが、ドアのへこみはありませんでした。

……油断していた自分に反省!
これに懲りたので、この会社に在籍中は、
お守り等を必ず持つように心掛けています。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました