ひめゆりの搭

怖い話

ひめゆりの搭

投稿者:三条さん

ひめゆりの塔ではよく心霊写真がとれるとか、
資料館の中の空気が重苦しいとか聞きます。

自分が体験したのは体験と言っていいのかよくわかりません。
小学校の頃、平和学習というのがあり、
「慰霊の日」を目前にひめゆりの塔へいきました。

ちょうど三年生の頃だったでしょうか。
第三外科壕(花束がおいてある碑があるところ)で、
学校代表の生徒が花束を供えているとき、
その外科壕の向かって左斜め後ろに、
ガラスケースに収められた天使の像がなぜが目に留まりました。
その天使の像は、真っ白で、骨のように見え、
目のところが光ってました。

「なんだろう?」とその光を見に行こうと、
その像に近づいた時でした。

「・・・あ、あれ?」その像に近づけないのです。
像から三メートルくらいでしょうか?
そこに見えない壁があるかのように一歩も進めないのです。
何度やってもだめでした。友人にそのことを話すと、
友人が近づいてみましたが、自分のような現象にみまわれません。

すぐに像の近くに寄っていきます。

毎年ある平和学習の度に挑戦してましたが、まったく近づけませんでした。

最近、その地の店員にあれはなんなのかと訪ねたところ、
「ある彫刻家の作品で、平和を願ってたてられた」とのことのみで、
由来はほとんどわからないようです。

今では灰色になってしまっています。
ただ、その像は忘れられたようにひっそりと建っていて、
観光客もその近くにはいません。

怖いと言うより不思議な体験でした。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました