怖い話

声

投稿者:カタストロフィーさん


自分が寝ようとしたときの晩のことです。

いつものように寝ようと、ふとんに入りました。
数分も経たないうちに、となりの部屋にテレビの音声らしき
ノイズっぽい音が聞こえました。

ちなみに、となりの部屋は親父が寝ているところです。

まだテレビを見ながら起きているんだと思っていました。
それに気にせず寝ようとしたけれど少し時間がたってから、
トイレに行きたくなり部屋を出ました。

丁度、となりの部屋を通ります。

が、その部屋を通ってもテレビなど聞こえません。

気になったもので覗いて見たら、テレビなんてついていませんでした。

無論、親父に尋ねてみたけど、

「テレビ?今まで寝てたんだ。つけた覚えはないぞ?」

と、起こされて寝ぼけがはいっている始末です。

なんの音(声)だろう?と、あまり気にせずトイレにいきました。
自分も早く寝たいという気持ちが強いため、
その日は全く気にせず寝ました。

が、またあくる晩のことです。

その日もいつものように寝ようとしました。
今度は1分と経たないうちに窓側(裏庭)から、
中年のおじさん同士が話をしている声が裏庭の方から聞こえます。

それも窓のすぐ側で。

隣の家にしては、こんなにはっきり聞こえるほどではありません。

最初は気にしてませんでしたが、だんだんと声が大きくなるのです。

しかも何を言っているかわからないんです。(でも人間の肉声)

その声はこっちに迫りつつありました。

だけど、とっさに話に疲れたのか声がやみました。

自分は10分ぐらいして、その話の主が人間でないことを確信しました。

話が終わっても足音が聞こえないのです。

たむろしているにしろ、裏庭はジャリなのでガサガサ音がするはずです。

その日はしばらく眠れそうにありませんでした。

長くなりましたが最近では、少女らしき叫び声が聞こえたりします。

と、いっても正体を見たことがありません。


次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました