奇妙な一週間

怖い話

奇妙な一週間

投稿者:だんでらいおんさん


これが霊の仕業であったかどうかは分かりませんが、
ここに書きたいと思います。
中学校2年生の時。
1週間ぶっ続けで、奇妙な現象が起こったのです。
まず、1日目にニワトリ小屋のニワトリが
全滅しました。

飼育係によると、前日まではえさも普通に食べており、
調子が悪いような素振りは少しも無かったと言います。
2日目、私達の教室にだけ(本当です)「理科室」と、
黒板に書かれていたのです。
その日は1時間目から理科で、不思議に思いながらも
理科室に行きました。
すると、その日に限ってなんと4名も(!)火傷をしたのです。
3日目、2年生の机全てに、「死ね」という内容の
言葉が彫られていました。
彫刻等のようなもので彫られており、時間的に
絶対無理なことでした。
4日目、この日は2年生が7人も階段から落ち、
そのうち5人が病院へ運ばれました。
ひどい人では、足の骨を骨折し、全治3~4週間でした。
5日目、クラス全員の写真に
傷が付けられていました。
かすり傷のような小さな傷がほとんどでしたが、
何人かは手足に包帯を巻くほどの傷が付けられていたのです。
6日目、5日目の写真に付けられていた通りの傷を、
クラス全員が受けました。

何人かは、カッターで手を切るなど、普通では考えられない
傷を負って病院へ運ばれました。
7日目、再び黒板に文字が書かれました。
「死ねばよかったのに」
幸い、死者は0・・・でした。

次へ   メイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました